OnePlus 5T

 

買っちゃいました。

RAM6GB・ROM64GBモデルが$499
RAM8GB・ROM128GBモデルが$549

公式サイトからは直送してないので代行業者に頼むか
GearBestAliExpressもしくはExpansysなんかは直送してくれます。

どこもかしこもクーポンやタイムセールなんかあるんで買いたいときは三つ全部見て一番安いとこで購入でいいと思います。

おっさんはGearBestでRAM6GBモデルが送料入れて定価より若干安かったのでそこで購入しました。
ホントはRAM8GBモデルが欲しかったけど定価以上になるのは癪に障るので6GBで我慢です。
$60くらいしか変わらないんだけどね。。。

悪名高いHK倉庫から到着しました。

この状態で受け取りましたよ。

そこそこ箱はボコボコでしたが特に問題なかったのでそのまま使用です。

Snapdragon835、RAM6GB(ROM64GB) or 8GB(ROM128GB)、18:9液晶。Dual SIM(DSDS)にSDスロットはナシ。デュアルレンズに5V4A充電出来るDash Charge。
防水ナシ、防塵ナシ勿論おサイフ機能ナシ。
まぁ最新のハイエンドっぽい感じ。
詳しいスペックは公式サイトから見てもらう感じで。

定価で考えるとその他メーカーのハイエンドより最大5割前後安い。

 

とりあえずベンチマーク

 

 

普段使う環境にしてからベンチ回してるので他とはちょっと数値が違うかも(・д・)

ちなみに前モデルはベンチ詐欺だって言われてましたが今回はどうなんでしょうか?
因みにベンチ詐欺だって言われてるのは特定のベンチマークでCPUを可変させないで最大クロックで動作させ続けるとかそんなのだった気がする。いっその事普通のゲームとかでもその設定出来るようにしたらいいのにね。

GeekBenchとAntutuBench

Geekbench4
Single-Core Score 1,952
Multi-Core Score 6,738

Antutu
Score179,440

うーん、835ならこんなもんだと思うけど?
サクサクヌルヌルしてます。
以前にXZ premiumもベンチ回して掲載してるのでそれも参照して下さい。

 


※追記
AntutuのVersionが上がったので(Ver.7系)それの結果も併せて載せておきます。

トータルスコア 212,415


後なんかスマホにマイニングアプリあったので回してみました。

MinerGate Mobile Miner

最大値で44H/sでたけど平均ハッシュレートは42H/s前後かな。Snapdragon835でもこのくらいしか出ないのね。


スマホいじめてこんなんじゃアプリ開発者しかメリットないね。

 

OnePlus 5TでDash Chargeしてみました

最大で5V4Aで給電出来るという規格。OPPO開発だったはず。
バッテリー容量は3300mAh。

おっさんは電源切ってとか、機内モードにしてとかじゃなくて普通に電源ONネットワークONの状態で充電速度計りました。
なるべく実使用に近い感じが見たかったので。流石に通話はOFFにしてますが。

因みにおっさんは普通に使って二日持ちます。

充電前のバッテリー温度や電圧はこんな感じ。

開始時は勿論0%から。

充電開始

5分経過 6%(スクショ行方不明)

10分経過 16%

15分経過 25%

20分経過 34%

25分経過 43%

30分経過 52%

と、まぁ30分で50%以上充電出来ました。
5分単位でスクショ撮ってますが長くなるので割愛しました。

文字で続き

35分経過 60% 3180mA 32.2℃ 4.23V
40分経過 68% 2930mA 31.4℃ 4.276V
45分経過 75% 2300mA 29.1℃ 4.282V
50分経過 80% 1870mA 27.6. 4.34V
55分経過 85% 1190mA 26.1℃ 4.323V
60分経過 88% 1000mA 25.2℃ 4.341V
65分経過 90% 900mA 24.3℃ 4.35V
70分経過 92% 710mA 23.3℃ 4.357V
75分経過 93% 540mA 22.6℃ 4.361V
80分経過 95% 440mA 22.2℃ 4.366V
85分経過 96% 360mA 21.8℃ 4.369V
90分経過 97% 300mA 21.8℃ 4.371V
95分経過 97% 240mA 21.2℃ 4.373V
100分経過 100% 210mA 21.1℃ 4.375V(正確には98分)

最大で3.63Aで充電出来ているので満足な結果でした。
バッテリー温度も通常使用時が26.9℃
充電中のMAX温度が10分経過時の32.8℃

端末が熱くなることもなく。
それと45分経過時と60分経過時を見てみると分かるように、電池にあまり負荷をかけずに電池長持ちさせる機能が付いてて、充電されていくにつれて供給アンペアを抑えてくれるようになっています。
まぁそのせいでなかなか100%いかなくて途中で飽きてきたけど。。

因みにOnePlus 5TはQC3.0には対応していないのですが充電して見た結果、ざっくり2時間くらいかかりました。
専用充電器は偉大ですね。

 

Dash Chargeはその他の機種で使えるのか?

 

無理でした(^_^)

手持ちのXZ Premiumに繋いだら最大で790mAh程しか出ませんでした。

素直にQC3.0充電器使った方がいいですね。

ちょっと長くなったのでページ分割してます

↓次ページ

 

コメントのみで送信できます